フリーランスでも記者クラブに入れるんです(ただし、こういう質問ができないとダメなんです)

菅官房長官の東京新聞社会部記者に対する「執拗で異常な攻撃・嫌がらせ」は
「なんで(男性の)オレが女性から追及されなきゃいけないんだ」…という、
化石男に広く見られる「生理的反発」があると、ボクは思ってます

そう…化石男って、「追及したり、批判したり、責めたり、怒ったり」できるのは男だけ…
という思い込みがあって、それを女性がすると(ましてや、女性が自分にすると)
もう、それだけで「許せん!」と噴き上がるのであります

あるいは、化石男…とまでいかなくても
例えば女性が「感情を露わにする」「大声を出す」「キツい言葉を使う」…と
もう、それだけで「なんだ、この女…」となって、
事の是非・善悪はどこかへいって、「(こんな)女が悪い」…
と勝手に結論を出してしまう男性が多いんだけど、
「感情を露わにする」「大声を出す」「キツい言葉を使う」等の振る舞いは男性の特権ではない…
ので、ボクはそういう女性がこれからどんどん出てきたらいい…と思ってるくらいです

少し話はズレますけど、昔から「涙は女の武器」と言われてますが
最近は(人前で)「泣く女性」よりも「泣く男性」の方が目につきますので
「泣く」こともまた、どちらの性の特権でもなく、ましてや「女の武器」でもない…ので
「振る舞いや態度の性差」を当然と考えるのはもう卒業したいところです
(でないと、アナタも化石になっちゃうよ…)

ちなみに、女性蔑視の化石男は「女性が嫌いなのか」…といえば、そんなことはありません
彼らは多分、女性が大好き…で、「自分に刃向かう女性が大嫌い」なだけ…
だということが、こういうのでわかります…↓

今日の官房長官会見。 フリーランス・安積明子氏「一昨日はホワイトデーだった。長官はバレンタインの時に沢山のチョコを貰ったと思いますが、お返しは?」 ポンコツ「去年以上に今年は貰いました。ふっ」 6分の会見時間しか取らない中。 なんだ、このアホ同士のやり取り。 バカにはすんな、あづみ。
(動画はこちら

このクソの役にも立たない死ぬほどバカなケツ舐め質問、30秒くらいダラダラと質問に費やしてるけど「質問は簡潔に」の妨害は入らないんだな。笑ってるけど面白くねえんだよ。

(ひとさまのtweetより)

(これは去年のホワイトデーの際の官房長官記者会見でのやりとり…です)


こういう質問ならOK…どころか大歓迎…

(それも、女性からなら大感激…)

というのが、鼻の舌の長い化石男(→この場合は菅)のすんごく恥ずかしい習性でありまして

こんな質問をしてくれるならば、フリーランスでも記者クラブに入れてもらえるようです

こんなことをイチイチ報道する意味はあるのか

こういう内容のニュースを見かけることが最近多くなりました…↓

”内田裕也さん延命治療拒んでいた 近親者で告別式(日刊スポーツ 3/22)”

延命治療を拒むのは個人の自由であり、それは(その意思表示の任意性が担保されていたならば)
他者がとやかく言うもんではありません
…ということは、これはどこまでいっても個人(とその家族)の領域に属する事柄であって
そんなことを他者が知る必要もない(し、事後的に明らかにする必要もない)のです
にも関わらず、なんでこんなことを家族が明らかにするのか、
そして、それをメディアがニュースで流すのか、ボクにはその意図がよくわからんのです
(家族が事後的に明らかにしたから…って、それをそのまま伝える理由はないはず…なので)

昨今、(最)終末期医療(にかけるお金)は無駄じゃないのか…と公言する人が現れて
それが一定の支持を受けてるようですけど
「延命治療を拒否するか否か」はどこまでいっても「個人が決めること」(あるいは家族が決めること)…だから、
ここに他者が口を挟む…それも「お金の無駄」という恐るべき理由で延命治療に反対する…というのは
明らかな個人の領域への侵害であり、それは
死に直面してる人はそのまま死なせてしまえ…と主張してるのといっしょです
(まぁ、なんと怖ろしいこと言うのね…)

そういう怖ろしい主張が一定の支持を集めるなかで
「~さんは延命治療を拒否していました」とメディアが伝えるのは
なんだかそれが「立派なコト」として「死に直面した人のあるべき姿」であるかのようなイメージを
勝手に作り上げるもので非常に危険極まりないもの…だと、ボクは強く思います
(なので、「~さんは延命治療を拒否していました」なんて内容は伝えるべきではありません)

解釈は分かれないと思います

「1/2成人式」とか、上から押しつけられてすることよりも
子どもが自分たちで楽しむ行事こそが「学校行事」というもんだと思います…↓

クレイジー・ヘアー・デイという親泣かせの学校行事がある国もあれば、生まれつき茶髪の生徒に公立校が“地毛証明書”の提出を求めた上で通学を許すという国もある。どちらが本来的な意味でよりクレイジーか、解釈の分かれるところだ。少なくとも楽しそうで幸せそうなのは前者。

1
(ひとさまのtweetより)

このtweetは抑制的に「解釈が分かれるところだ」と書いてますけど
ここは「解釈など分かれない」(≒両論併記する必要もない)ところで…↓

うちの公立校では「へんな服で登校する日」「後ろ前の服で登校する日」とかいろいろやってました。トランスジェンダーの子がバスで火をつけられた時はベイエリアの子どもたちが女装差別をなくすため「男がスカートをはく日」を主催して、男子生徒がみんなスカートはいて登校してました。

重要なのは、どれも、学校や教師と無関係に、生徒、子供たちが勝手に始めた行事だということです。
(ひとさまの一連のtweetより)

子どもが自発的に始めて楽しむ行事が、お仕着せの行事よりもはるかに価値がある…と思います
(…というか、それは「行事」なんていう堅苦しい言葉を使うまでもない、
 手作りの「イベントの日」でいいでしょう)


※ここで話はすんごく飛ぶ…のでありますが、
その昔、日本の盆踊りは庶民が「かなり羽目を外せるイベント」だったようです
そして、日本のあちこちで盛んな祭り…もそういうところがあって
今も祭りのときは「かなりハイ」になってます
(まぁ、それが祭りってもんですので…)

けど、これをお上の立場から見ると、こういうイベントはいわゆる「ガス抜き」の要素があって
普段は締め付けて、庶民や農民に我慢・忍従を強いてるけど
年一回だけは大目に見てやる…と、けっこう、盆踊りや祭りは好きにさせてたようで
庶民や農民もまた、そのときは普段の大人しい態度を豹変させて…
というのは、現代の「威勢のいい祭り」でも似たようなもんでしょう

ボクは現代の威勢のいい祭りの風景を見るたびに
「ボクにはあんな馬力はない(し、あそこまで楽しめんだろうな)…」と
なんだか羨ましいような羨ましくないような複雑な気持ちになるんだけど
祭りで威勢のよい人たちは、普段も威勢がよいのか…と言えば
それはそれこれはこれ…で、祭りが終わればきっと、
「大人しい大人」に戻ってしまうのでありましょう
(まぁ、いっつもあんなにハイだったら、それはそれで引いてしまうんですけどね)

でもボクは、それはかなりもったいない話だと昔から思ってるんです
というのも、あれだけの馬力があるなら、それを政治にもぶつけてもらって、
「ええ加減なことばっかりしやがって! 安倍許さんぞ!」…とかにならんもんかな…
と、常々考えてるから…なんですが
祭りに燃える人ほど保守右翼…というのがお約束になってるそうなので
やはり、(威勢のよい)祭りに燃える人にはあまり期待できない…と思うところです

既得権益って「与党のもん」なんだけどな…

自分たちが党利党略で仕掛けた「仮面ライダークロス選挙」を「騒ぎ」と評した上で
その「騒ぎ」の張本人が「騒ぎになりました」と言うとるで…↓

維新・吉村、松井氏 大阪都構想実現へ「大変だ」連呼も聴衆の出足鈍く…大阪知事選告示
デイリースポーツ 3/21(木)

 松井一郎前大阪府知事(55)の任期中の辞任にともなう大阪府知事選が21日、告示され、大阪維新の会で前大阪市長・吉村洋文候補(43)が、市長選に立候補予定の松井氏とともに大阪市内で街頭演説を行った。第一声は小雨の影響もあってか聴衆も200~300人程度の小規模な出足となったが、2人はかねて掲げる「大阪都構想」の意義を掲げ、熱弁を振るった。
 大阪・難波の高島屋前での演説。先にマイクを取った松井氏は「大変な騒ぎになりました」と、大阪都構想に向けた住民投票を巡り公明党などとの交渉がもつれ、府知事と大阪市長のダブル選に発展したことを報告。吉村氏も「自民党から共産党まで、既得権益にしがみついた勢力との戦い。大変なんです。相手は連合もくっついて団体戦。でも僕らは正直に大阪を成長させたい」と訴えた。

 熱弁を振るった2人だったが、2011年に橋下徹弁護士が府知事から市長選にくら替えで当選した当時の第一声では同所に約1000人を集めたものの、この日朝は200~300人程度。~

松井一郎くんは「大変な騒ぎになりました」と言うとるんだけど
これは(ボクたち維新が)「大変な騒ぎにしました」と言うのが正しい日本語です

そして吉村くん…もまた「自民党から共産党まで、既得権益にしがみついた勢力との戦い」と
言うとるんだけど、「既得権益」なるものを得られるのは基本的に「与党になってる政党」であるところ
大阪府では2008年から、大阪市では2011年から維新が首長をやってる…ということで
大阪は「維新が与党」…だから、野党になった自民の「既得権益」などもうない…と思うし
ましてや、「与党になったことなどほとんどない共産」に「既得権益」があるわけない…のでありまして
適当なことばっかり言ってんじゃないぞ、吉村くん…

大阪維新の会は「既得権益」とか「抵抗勢力」とか、
もう、使い古された言葉を使ってアピールするしか能がない…ようですが
大阪府市の与党たる大阪維新の会そのものがすでに「既得権益」を手に入れて
それを守らんとして必死になってるだけ…なので
話を真逆に語ってはいけないのであります
(維新って、「不動産業界や土木業界、TV業界」とすんごく親密なのよね…)


※維新が跋扈してから変わった大阪の風景の一端がこれ…です↓

1

ボクも時々大阪市の区役所に行くことがありますけど
そこでは既に「窓口業務に非正規の派遣」が始まっておりまして
ボクが以前手続きした窓口では「人材派遣大手のパソナから派遣された人」が応対してました

今、大阪に限らず、「公務員を減らす」ことを政治的な目標に掲げる政党がたくさんあって
公務員は減るばっかり…なのでありますが、
「公務員の仕事は減ってない」から公務員の仕事量が増え、
(学校の先生を代表に)「公務員のブラック化」が進行する一方で
「公務への派遣」が増えてもいて、こんなところにも「既得権益」ができあがりつつあります

ここにも政治の私物化が…(というか、福岡の私物化だよな、これ…)

安倍は「日本の王様」気取り…だけど、この人は「福岡の王様」気取りなんだよな…↓

麻生副総理「分裂ではなく造反」 福岡県知事選に言及
サンケイ 3/22(金)

1
閣議を終え記者団の質問に答える麻生太郎副総理兼財務相=22日午前、首相官邸

 麻生太郎副総理兼財務相は22日の閣議後記者会見で、21日に告示された福岡県知事選が自民党支持層が割れる保守分裂選挙となったことについて「分裂とは思いません。造反だと思っています」と述べた。
 同知事選には無所属で3選を目指す現職の小川洋氏、新人の元厚生労働官僚の武内和久氏=自民推薦、共産党県委員会副委員長の篠田清氏=共産推薦=の3人が立候補。麻生氏を後見人として自民党推薦を得た武内氏に対し、「反麻生」の一部国会議員が小川氏支持を表明している。
 麻生氏は「自民党党首、安倍晋三の推薦が出ている候補者を私どもは推して、福岡市の市長もそれに乗る形になっている」と強調した。
 過去2回の選挙で小川氏を支援した麻生氏が武内氏擁立に動いた背景には、平成28年の衆院福岡6区補選で、小川氏が麻生氏や県連の推す新人候補を支援しなかったことがあるとされる。

福岡の知事はオレ様が決める…(だって、オレ様は福岡の王様なんだぜ…)
この人はそう思ってるんでしょう
(だって、自分に盾突くことを「造反」っていってんだから)

それにしても小さい…
(だって、自分が推した衆院補選候補を応援しなかった…という理由で
 いきなり知事をクビにしようとするんだもんな…)

しかし、知事をクビにするかどうかは「福岡の市民が決めること」であって
アンタ(=太郎くん)が決めることじゃない…ので
勘違いは辞めてくれ…


※上記記事中の太郎くんの写真を見てください
この人は、質問者である記者の方に顔を向けるのでもなく
はたまた、カメラの方に顔を向けるのでもなく
斜め上を見てしゃべってはりますよね

これは(なんでオレがオマエの質問に答えなきゃいけねぇんだよ…という)「非常にふざけた態度」でありまして、
一般社会生活でこのようなしゃべり方は通用しません
(こんなしゃべり方してるヤツがおったら、もう、相手にされませんわ…)

しか~し、自民党の副総裁なら務まる…
そんでもって財務大臣なら務まる…
というのは、明らかにおかしいので
一日も早く政界を一般社会化して、このような「ふざけた人」をお払い箱にしましょう
(この人は記者(やその背後の市民)を「相手にしない」という態度全開…ですけど
 ボクたちこそ、「アンタみたいな人、相手にせえへん」という態度で臨みたいものです)

最新コメント